• ホーム
  • アダフェリンはクリアウィンと一緒に使うといい理由

アダフェリンはクリアウィンと一緒に使うといい理由

2020年02月01日

ニキビは美肌の天敵です。見た目的にもよくありませんし、痛みも伴いますのでできるだけ早めに治療をしましょう。皮膚科を受診して内服薬や外用薬を処方してもらうという手段や、市販されている薬を使うと言うのもありますが、自分で効果の高い薬を取り寄せて使うというのもおすすめです。

市販薬はどんな肌の方でも使えるような弱い成分の薬が多いため、軽度の場合には効果が出る事も有りますが中度以降のニキビですとなかなか治らなかったり改善されないこともあります。できるだけ短期で治したいという場合には効果の高い薬を使う事をお勧めします。

ニキビ治療では様々な薬が使われていますが、今注目されているのはアダフェリンとクリアウィンの併用です。もちろんどちらか片方だけでも良いのですが、相乗効果があるというメリットが期待出来ます。

アダフェリンは、まず炎症前と炎症後どちらのニキビにも使う事が出来る薬です。臨床試験では12か月使用したところ84.5%の方がニキビが半分以下になり、1週間で効果を感じ始めた結果も出ていますし効果は高いです。ちなみに日本の皮膚科や専門クリニックでは、ディフェリンゲルという名前で処方されます。

注目すべきはアダパレンという成分によるピーリング効果です。ニキビが出来る原因の一つにもなっているターンオーバーの乱れは、角質を蓄積させて毛穴が詰まってしまうことにも影響します。何らかの原因で乱れがちになったり、ホルモンバランスや加齢も影響してターンオーバーの乱れは生じてきます。角質を柔らかくするというのは、ニキビ治療でも大事な事ですし、ピーリングする事と抗菌作用のある成分でニキビを治していく事が出来ます。

またターンオーバーに作用するため、ニキビの治療だけにとどまらず、ニキビができにくい肌にするというメリットもあります。

続いてクリアウィンですが、こちらは炎症を抑えて肌荒れを改善するという効果が期待出来ます。炎症してしまっているニキビは、抗炎症作用があるお薬が有効なのですが、クリンダマイシンという成分が配合されているので効果的に炎症を抑えてニキビによる肌荒れも改善していく事が出来ます。

さらにピーリング効果のあるアダフェリンとの相乗効果として、クリアウィンには美白成分としてニコチンアミドが配合されていることにも注目です。ニコチンアミドはナイアシンアミドとも言われますが、メラニン色素の分泌量を抑えるという効果がある成分です。そのため紫外線を浴びる事でお肌は刺激され、その防御反応としてメラニン色素を分泌しますがその量を抑えることができますので、シミを予防することが出来るわけです。

ターンオーバーが正常に行われていない肌は、角質とともにメラニン色素も濃くなりやすいですが、ピーリング効果のあるアダフェリンと併用することで、さらにシミの原因となるメラニン色素が増えませんので美白効果にもつながります。ニキビを治療しつつ美白までできるので併用がおすすめです。