ニキビに悩む女性

多くの方が悩み肌トラブルの一つにニキビが挙げられます。白ニキビから赤みを帯び、膿がでて痛みがあったり、さらには跡に残ってしまう事もありますし、できるだけ早いうちに治療を行いたいものです。しかしまずは予防を心がける事が大事です。

普段のスキンケアの方法次第でニキビが出来づらい肌にすることもできますし、まずはお肌を清潔にということが最も重要となるので洗顔方法から見直していきましょう。

洗顔の目的は汚れを落とす事ではありますが、単にごしごし洗えば良いというものでもありませんし、洗浄力の強い物を使って落とせば良いということではありません。逆に洗浄力が強い洗顔料を使ってしまいますと、もともとニキビが出来やすい敏感肌の方にはダメージを与えてしまう事になります。出来れば低刺激性の洗顔料かニキビ肌用の洗顔料を選びましょう。

洗顔料を付ける前に顔をぬるま湯(32度ぐらいが理想)で洗って軽く汚れを落としておきます。続いて洗顔料をよく泡立ててTゾーンに泡をのせ、転がすように洗ってきます。ここでまず1つのポイントがありますが、手で洗うのではなく泡で洗うという感覚ですので洗顔料をよく泡立てるというのが大事です。泡立て方が足りないと、手による摩擦が生じてしまいお肌に負担がかかってしまいます。

あごとUゾーン、頬の部分にも泡をのせて洗います。32度ぐらいのぬるま湯で、髪の毛の生え際まで落としの起こしが無いように良く洗い流します。すすぎ残しがあると、特に生え際の部分にもニキビが出来やすくなりますので要注意です。

32度というのは美容家さんたちの間でも推奨されていますが、この温度はひと肌よりも少し低い程度の温度です。熱すぎれば皮脂を落とし過ぎてしまいますし、逆に冷たいと汚れが落ちませんのでぬるま湯というのが理想なのです。特に冬場は40度近いお湯で洗ってしまいがちですが、乾燥肌になってしまいますので避けるようにします。

最後にタオルで優しく押さえるようにして拭きます。拭くというよりは、水分を吸収させるというイメージで摩擦をできるだけあたえないようにするのが大事です。

もう一つ洗顔時の注意ポイントとして、長時間洗顔料を顔にのせますと皮脂が落ち過ぎてしまうので、洗っている時間は1分程度までにしましょう。さらにお風呂場で洗顔をする方もいると思いますが、その際には水圧の高いシャワーで直接洗い流すと、刺激が強すぎますので必ず手に洗うようにします。

洗顔の後通常はニキビが出来ている場合にはこの後に薬を塗布する事になりますが、化粧水と薬とどちらが先なのかと思っている方はいるのではないでしょうか。スキンケアと同様で油分の少ない方から塗ります。そのため油分の多い軟膏やクリームなどの場合には化粧水の後に、ローション系のものでしたら化粧水の前に使うと良いです。

ニキビは思春期ニキビと大人ニキビと大きく分けて2つあり、さらに白いものや赤いもの、黒くなってしまっている物まで分かれます。思春期ニキビが過剰な皮脂分泌によって毛穴をふさぎ、アクネ菌の繁殖で炎症を起こしてしまう事でできるというメカニズムですが、大人ニキビは異なります。

もちろん皮脂分泌も影響しますが、多くはターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れが要因です。25日周期の肌サイクルがあり、古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーは年齢とともに乱れてくることがあり、それによって角質が硬くなって老廃物もたまりやすい状態になります。ですからターンオーバーを意識したスキンケアも必要となってくるのです。

どういった原因でニキビが出来るのか、その原因を知り対策を行っていきましょう。